CBR-MLのオフ会に関する注意


参加される方へ

 ここではオフ会のちょっとした決めごとをしたいと思います。管理者自身、 このような決めごとをするのはあまり好きなことではないのですが、参加人数 が増えてきたことなどもあって少しだけ決めごとをすることにしました。  オフ会の主な目的は、普段メールやチャットでお話ししている方々と実際に お会いして楽しくお話しすることです。これを頭の中へ入れておいてください。

1.参加資格

オフ会に参加されるにあたってCBR-MLのメンバーである必要はありません。 これからCBR-MLに参加されようと思っている方、インターネット環境はない けれども興味のある方はでしたらOKです。ただし、MLに参加するときと 同様、セールス等のみの目的で参加されるのはお断りいたします。

2.バイクで集まるオフ会について

 自分たちのバイクを見ながらおしゃべりをするというのはとても楽しいです。 また、ショップのメンバーや普段走っている仲間とは違うメンバーで走るのも 新鮮みがあってとてもよいですが、いつもと違う仲間同士で走るからこそ問題が 起きる可能性も高いのです。それはなぜか? 普段一緒に走っている仲間という のは、知らないうちにお互いの走りを理解しているものです。ところが、初めて、 もしくはあまり一緒に走っていない仲間というのはお互いにどのような走りを するのか分かりません。たいていの人は「私はカメ(遅い)ですから....」と おっしゃりますが、これをそのまま信じる人はほとんどいませんよね。で、実際 に集まってみると、いくら自分は遅いと言っても、他の人に格好の悪いところは 見せられないないという心理状態が働くのでしょう。なので、自分が決して無理 をしていないと思っても、知らず知らずのうちに自分の限界を超えたり注意力が 散漫になったりして事故を起こす可能性が高くなります。そんなわけで、お互い の走りを理解していない仲間同士で走る場合は、標準的なレベルで走る必要が 出てきます。速く走れる方にとっては不満が出るかもしれませんが、そのペース に合わせられない人にとっては辛いオフ会となってしまうのです。速く走れる方 は普段よく走る道であれば風景などを楽しむなどして、初めて走る道であれば 次回自分が一人で来たときのための流し走行だと思ってください。みんなと 走っているのですから我慢していただかなくてはいけないこともあります。 走行会などの特別なオフ会で安全な閉ざされた環境で走る場合は別として、 個人的な走りを楽しみたい方は、一人やお互いの走りを理解している仲間同士で 来たときにしてください。ご理解とご協力をお願いいたします。
なぜこのようなことにするかというと、残念なことにこれまでのオフ会で 事故が多発したからです。事故の起きた状況から傾向と対策を分析し、みなさん の意見をまとめてこのようにしようと思います。ただ、万一の事態に備え、参加 されるときには緊急時連絡先(電話番号と名前)が分かるものを用意してきて ください。免許証と一緒にしておくとよいでしょう。そのような事態が発生した 場合には参加メンバーが一丸となって協力させていただきます。その時に ハンドルネームだけしか分からないと連絡が遅れてしまいます。

3.飲み会で集まるオフ会について

 結論から言えば、「飲んだら乗るな。乗るなら飲むな。」です。当たり前の ことですが、飲酒運転は厳しく処罰されます。ですので、公共交通機関を利用して きてください。
また、一気飲みなどの強制的に飲ませる、無理に勧めるような行為は一切 しておりませんので、お酒が一滴も飲めないと言う方でも安心してご参加くだ さい。気を遣ってお酒をついで回るといった行為もする必要はありません。気軽に 自分が飲みたい量を飲んでください。ただし、「酒は飲んでも飲まれるな。」の 原則は守ってください。飲んで他の方に迷惑を掛けるのは最低です。 量を飲んでください。

企画される方へ

 オフ会の企画は自由になさって結構です。管理者やメンバーが東京近郊に多い ためか、どうしても関東近郊でのオフ会が多くなりますが、他の地方での自主的 な開催も大歓迎です。どんどんやってください。ただし、1.〜3.のことは守って ください。開催される場合は、なるべくその内容をML上に書き込むとよいと思い ます。他の地方からの参加者も見込め、盛り上がること間違いありません。
できれば、記録として残すために終了後オフ会レポートを管理者までお送り いただけると幸いです。当HP上に掲載させていただきたいと思います。

Copyright (C)1999-2000 Masahiro Kaneko (kanegon) All rights reserved.